2月の頭から七田式プリントAを開始しました。5ヵ月経過した所でやっとA-4が終了です。現在はA-5の所まで来ています。

そして、4歳1ヵ月の長男くんですが、ひらがなが全部読めるようになりました!これは、七田式プリントのおかげである事は間違いないです。

今日は、七田式プリントAの中身、取組み方、効果など含めたを口コミを書こうと思います。

スポンサーリンク

七田式プリントAは、ひらがなを覚えるのに最適だった!

七田式プリントを始める時に、AかBか悩みました。しかし、七田式プリントBは「ひらがなが全部読める子が対象である。」という所から、我が家は当時3歳7カ月でしたが、Aからスタートしました。結果、大正解でした。現在A-5の中盤ですが、ひらがなが全部読めるようになりました。ひらがな効果抜群です。

七田式プリントの種類

七田式プリントの種類a,b,cの3種類のおさらいです。

対象年齢 始める目安
七田式プリントa 2歳半~4歳 ・鉛筆が持て、○×が書け、点と点を線で結べる。

・大小、多少、長短がわかる。

・身近な物の名前を言うと、さすことができる。

七田式プリントb 3歳半~5歳 ・ひらがながすべて読め、身近な物や動作を表す単語が読める。

・1つ、2つ、大きいがわかる。

・10までの数の大きさがわかり、書ける。

七田式プリントc 4歳半~6歳 ・答えが10までの足し算ができる。

・ひらがなや簡単な単語がかける。

・身近な形容詞がかけ、助詞がわかる。

 

「もじ」のひらがな学習の内容

もじプリントのA-3から1枚1文字づつ、「あ」から順番に認識させる問題がでてきます。下の写真は、A-4のプリントです。1枚1文字づつ、6枚で「た」行完結です。

この6枚のプリントをやるだけで、「た」は7回出てきます。「ち」も6回出てきます。これが七田式プリントの400%学習、反復学習なんですね。

七田式プリントがひらがなを覚えるのに最適な理由

今回ひらがな学習で、七田式プリントの400%学習の良さを目の当たりにしました。当初は、数日間同じ問題ばっかりのプリントで大人の私が正直飽きてきていました。しかし、ひらがなを覚えるのには、この反復が大事なんでしょうね。

長男君は全く嫌がる事なく、むしろ毎日新しい文字が読めるようになるのがうれしくて、楽しくて。「今日もお勉強する!」と言って張り切ってこなしていました。

・何度も何度も同じひらがなを認識させる問題がでてくる。
         ↓従って
         
・プリントを進めていくだけで、何度も同じひらがなに遭遇し、無理なく自然に覚えて行ける。

ひらがなを覚えるのにかかる期間

A-3~A5をこなせば、ひらがなを一通り制覇できます。我が家はZ会との併用なので大分プリントの進み具合にムラがあります。

七田式プリントだけに集中すれば、3ヵ月もかからず、ひらがな読みをマスターできるはずです。

かず、ちえのプリントの中身は?

「かず」プリントの中身は?

A-4プリントが始まった頃は、まだまだ簡単でしたが、後半に入ると足し算のような問題がでます。

A-23は、袋に3つのあめが入っています。1つ増えるといくつになるでしょうか。という問題です。

「ちえ」プリントの中身は?

どんどん難しくなってきました。でも、え?!こんな事もわかるんだ~。と息子の新たな発見を楽しんでいます。このプリントの対象が2歳半~って事に本当に驚きます。2歳半でこの問題わかったら天才じゃないか!と勝手に思ってます。

A-4-19のプリント。右側ですが、お手本と比べて足りない線はどこでしょうか。という問題。

下は、A-4-23のプリント。①も②のとてもおもしろい問題ですね。②は規則性の問題。特に、初めてやった時には、息子ちゃんには少々難しく、説明するのに苦労しました。でも、2回目、3回目になると自分でわかるようになります。これも七田式400%学習の効果ですね。

1日3枚 たった15分がやっぱり継続のコツ。

我が家はZ会も併用しています。7~10日間はZ会に没頭し、残りの日々で七田式プリントをこなしていきます。また、時間がなくてできない日は無理してやらないし、気分が乗らない時もやりません。なので、七田式プリントの進むペースが遅いのなんのって。3ヵ月で終わる量を、4カ月くらいかけてます。

でも、9割方毎日何かしら15分程度お勉強しています。息子ちゃんから「お勉強したい~。」って言ってきます。正直こんなに継続できるとは思ってもみませんでした。「1日たったの15分だけ。」が大切なんですね。

まとめ

七田式プリントの反復学習、400%学習。そして、プリントを毎日こなす事で、継続的に「ひらがな」に触れている。という七田式流が、無理なくスムーズにひらがなを覚えられたポイントだと思います。

 

Z会も併用してますが、ひらがなの読みに関しては、Z会はほぼ貢献してないと感じています。なぜなら、Z会は大体7~10日間でワークが完了します。1ヵ月のワークで数個のひらがなだけ触れます。次号が来る頃には恐らく忘れてます。Z会のワークだけでは、ひらがなに触れる機会が七田式プリントと比べて、圧倒的に少ないと感じました。

 

ひらがなを無理なく覚えさせたいなら、七田式プリントおすすめです。

プリントの購入は、七田式のホームページ、楽天、amazonでも購入できますが、楽天ポイント10倍の時に買うのがお勧め。

 

スポンサーリンク
  • 七田式プリントA-6終了 8ヵ月経過
  • 七田式プリントA-4終了 5ヵ月経過 ひらがな覚えるのに効果抜群! 
  • 七田式プリントA  約1ヵ月(36日目)経過。息子の様子と効果は?
  • 七田式 幼児プリントA始めました。20日経過
おすすめの記事
おすすめ絵本
2歳半頃からやっと絵本を楽しめるようになった息子君です。クリスマスが近づいてくるとクリスマスを感じる絵本を読んであげたくなりますよね。でも、...
七田式プリント
2月の頭から七田式プリントAを開始しました。8ヵ月経過した所でA-6が終了です。現在はA-7を進行中です。 Z会もやってるので、月末1週間は...